大使

弊社の代表のリストを以下の通り提示いたします。Nozbeに基づいて自分の生産性システムのことで助けが必要でしたら…

以下のNozbe代表へお問い合わせください。 (代表から離れて、サポートもご連絡くださいtoiawase@nozbe.com). アフィリエイトと代表の詳細についてはnozbe.clubのページをご覧ください

アメリカ

Chad Garrett (チャド・ギャレット)
アメリカ

アメリカでの1番目のアンバサダー。彼はNozbeやEvernoteなど生産性に役立つサービスに情熱を注いでいます。Nozbeは彼が物事を成し遂げるために欠かせないツールです。

チャド・ギャレット(M.Ed. 教育学修士)は過去数年間にわたり、GTD (Getting Things Done)理論の偉大な支持者であり、多種多様な生産性サービスやツールに精通しています。Nozbeは幅広いユーザーにサービスを提供する能力に優れているため、彼にとって欠かせないツールです。チャドは他の製品等にも精通しているので、各ユーザーごとのニーズに応じて個別化したシステムを作成することができます。チャドはこの知識や能力を生かし、初めて組織化への道を学ぶ人をサポートするだけでなく、例えばNozbeなどの製品のより高度な機能や細部にわたる知識を持って、上級のユーザーへのサポートもしています。

チャドは自らの成人教育の分野での学位と、企業へのトレーニングや大病院へのトレーニング導入等の経験を生かしたユニークな視点から、人々が望むスキルを手に入れられるよう手助けしています。彼は父であり、夫であり、Appleのファンであり、また、人々が生産性を高めてより多くの自由時間を獲得できるようサポートするのが好きな、ミニマリストのランナーです。彼はオハイオ州シンシナシティに住んでいますが、オンライン上でも個別にコンサルタントを行っています。チャドは生産性とGTD理論に非常に熱心であり、日々の生活を上手に整理し時間を最大限に活用できるよう、これまで多くの人々へアドバイスをしてきました。彼はさらにたくさんの人のお役に立てるよう望んでいます!

ウェブページ: productivitygrid.com
Mike St.Pierre (マイク・サンピエール)
アメリカ
アメリカでの2番目のアンバサダー。マイク・サンピエールは、ニュージャージー州デンビルにあるモリスカトリック高校(Morris Catholic High School)の校長です。彼のブログwww.mikestpierre.comは多くの忙しいプロフェショナルな人々の”素晴らしいキャリアデザイン”へ役立っています。彼のポッドキャスト、The Emergent Leader Podcastでは、世界中からの生産性のエキスパートやキャリア構築のエキスパートへのインタビューを豊富に取り上げています。アメリカ・カトリック大学(The Catholic University of America)で学士(B.A.) を修了し、シートン・ホール大学 (Seton Hall University)では2つの修士の学位を修めました (M.A. テクノロジー、及び、M.A. 教育リーダーシップ)。マイクはまた、セント・エリザベス大学 (College of St. Elizabeth)で博士課程を2016年春に修了する予定です。彼の学術論文は、中等学校でのiPadの使用と、21世紀のコラボレーションのスキルの関係性のリンクを測定したものです。マイクはパブリックスピーカーとしてNCEAをはじめ、the Education Law Institute、the Diocese of Paterson、そしてシートン・ホール大学(Seton Hall University)等で発表してきました。彼のワークショップは主に、リーダーシップ、生産性、ソーシャルメディア、マネージメントのトピックを扱っています。マイクは執筆活動も精力的に行っており、彼の記事はLifeHack、Catholic Exchange、Productive Magazine、Nozbe Magazine、Momentum、また、Give Us This Dayに掲載されています。彼の記事はキャリアアップから生産性やコミュニケーションといったものまで多岐にわたります。ライターとしてマイクは、実用的でユーザーフレンドリーなアドバイスをしてくれるとして、あまり読む時間がないほど忙しい人々からの支持も得ています。マイクはまた、5年以上にわたりNozbeを愛用するユーザーです。彼はメジャーなソフトウェアのアップデートについてのレビューを定期的に投稿したり、世界中にいる他のNozbeユーザーとの交流を楽しんでいます。様々な “to-do” アプリを試した結果、マイクにとってNozbeが一番気に入りました。同期のスピードがとても速く、カスタマーサービスに優れ、Nozbeコミュニティの規模も大きく最高です。マイクはニュージャージー州の北部で、妻のCary (キャリー) と4人の子供たちと暮らしています。彼は熱心な読書家であり、アウトドアを愛し、また、もちろんニュージャージーのダイナーも愛しています。
ウェブページ: mikestpierre.com
Michael Hyatt (マイケル・ハイアット)
アメリカ
アメリカでの3番目のアンバサダー。マイケル・ハイアットは「Living Forward: A Proven Plan to Stop Drifting and Get the Life You Want」の共著者です。この本はウォール・ストリート・ジャーナル、USAトゥデイ、そして、パブリッシャーズ・ウィークリーが選ぶベストセラーであり、ライフプランを創造し実践するのに優れているとして評価を受けています。彼はまた「Platform: Get Noticed in a Noisy World」を執筆しています。この著書は、ニューヨーク・タイムズ、ウォール・ストリート・ジャーナル、USAトゥデイのベストセラーとなりました。この他にも彼は生産性と自己改善に関する6冊の本を執筆しました。ハイアットはまた、5 Days to Your Best Year Ever™ 、Platform University®、Get Publishedの創設者であり、2004年から続くアクティブなブロガーでもあります。
ウェブページ: michaelhyatt.com/about
Robby Miles (ロビー・マイルス)
アメリカ
アメリカでの4番目のアンバサダー. 私はロビーと言います。私は物事を全て成し遂げようと忙しく動き回っています。私は結婚しており、4人の子供がいます。アメリカでもトップにランクされる進学校で教師をしています。また、陸軍のオフィサー、オンラインのフリーランサーでもあります。Nozbeは過去2年間にわたって私の生産性のコアとなっており、私にとって重要なことにいつでもフォーカスできるようサポートしてくれます。Nozbeに出会うまで、たくさんのアプリを何度も試し探してきました。次第に、アプリが問題を解決するのではなく、優れたシステムを持つことが問題解決につながると分かってきました。Nozbeを見つけてからは、私は物事をシンプルにし、統合し、そして自動化してくれるシステムを作ることができました。Nozbeの最もいいところは、ユーザーごとのニーズに応じて、シンプルにも複雑にもなるという点です。私のブログ robbymiles.comでは、いかにしてシンプルな生産性システムを作るかということについてを多くの人と共有しようと試みています。さらに進んだヒントやワザを取り入れた Nozbe Ninjaのためのシリーズも作りました。歴史、教育、軍事科学、オンラインワーク、などの様々なバックグラウンドが、チームのコミュニケーションや様々な局面の生産性システムへの多岐にわたる理解を深めてくれています。アメリカでトップ500に入る進学校の教師として、生徒たちが目標とする大学へ進学できるようサポートもしています。陸軍のオフィサーとして、私はリーダーであり、またプロジェクトマネージャーも務めています。隅々まで管理ができることがとても重要です!Nozbeは全てを管理してくれる私が信頼できる唯一のツールです。フリーランサーとしても、Nozbeはプロジェクトを記録し共有してくれます。私の仕事に関しては、これまでProductive!MagazineやNozbe Magazineでも取り上げられました。デジタル生産性システムのセンターとしてNozbeを使うためのシークレットを皆さんとシェアできるのを楽しみにしています。
ウェブページ: robbymiles.com/about

イギリス

Marcus Platt (マルクス・プラット)
イギリス

私はマルクスです。私は自分でも認めますがテクノロジーおたくであり、生産性、自己改善、リラクゼーションといったものを情熱を持って追究しています。Nozbeに関する小著をはじめ、これまでたくさんの新旧NozbeユーザーのためにNozbeの使い方と、彼らの生産性ワークフローの改善に努めてきました。私はNozbeでこれまでがっかりしたことはありません。私は5年以上Nozbeの有料会員で、毎日Nozbeを使っています。私のブログProductiveWizard.comでは、様々な生産性ソフトウェアについても紹介しています。しかし、Nozbeはいつも私のメインの信頼できるシステムです。他の生産性ソフトウェアは平行してテストしています。NozbeはもともとGTD理論を元にデザインされていますが、とても柔軟に様々な生産性ワークフローに対応してくれます。とりわけ、プロジェクトを共有できるのは、他の人と協働する上で非常に素晴らしい機能です。また、Nozbeはメジャーなプラットフォーム全てに対応しているので、職場でWindows PCを使おうが、家でiMacを使おうが、外出中でモバイルを使おうが、心配する必要は何もありません。Nozbeへいつでもどこでも簡単にアクセスできます。Nozbeの使用法に正解はありません。ユーザーごとに異なった使い方でいいと思います。重要なのは、ユーザー各々がNozbeで何を達成したいのかを理解することです。ベーシックなTodoリストから、複数ユーザーが関係した本格的なGTDシステムまで、Nozbeでは全てが可能です。

マルクスのブログproductivewizard.comでは、生産性、アプリ、テクノロジー、ワークフローとといったことを中心に取り上げています。

ウェブページ: marcusplatt.co.uk

オランダ

Fokke Kooistra (フォッケ・コーイスタ)
オランダ
オランダでの最初のアンバサダー。フォッケはより賢く、より生産的に仕事をするためのコーチであり、エキスパートです。彼はオランダでの生産性の先駆者です。これまで世界中の生産性に関するトピックに関心と情熱を向けてきました。彼は10年以上にわたって、様々な機関でトレーニングやコーチングを行ってきました。ユーモアに溢れる人柄で、すぐに人々を魅了し、より生産的でより良い人生を送れるようアドバイスしてきました。マネージメントのバックグラウンドを生かして、トレーニングとコーチングの指導をこれまで10年以上にわたって経験してきました。これまで数多くの個人やチームをコーチし指導し、その効率性や生産性の向上に貢献してきました。彼はまた、物事を学ぶのが得意で、新しいことに挑戦するのが好きな性格です。仕事の質をハイレベルに維持するのもモットーとしています。組織の中のタレントや技術を最大限に活かしながら、他の人と協力して仕事をするのが好きです。彼は自身のタスクやプロジェクトを管理するツールとしてNozbeを選択しました。彼はまた、ビジネスパートナーであるMarcel van den Berg(マルセル・ヴァンデンバーグ)と一緒に、Think Productive West-Europeを運営しています。Think Productiveは著作がベストセラーにもなったGraham Allcott(グラハム・アルコット)によって2009年に設立されました。彼らの実用的で的を得たワークショップは、これまで世界中のたくさんの企業や機関の生産性に変革をもたらしてきました。
ウェブページ: thinkproductive.com
LinkedIn: fokkekooistra

コロンビア

Jhonn Vesga (ジョン・ベスガ)
コロンビア
コロンビアでの最初のアンバサダー。ジョン・ベスガはキリスト教徒であり、企業家であり、父であり、夫であり、また息子でもあります。新しいテクノロジーやプロセスラーニングといった分野が彼の好きなトピックであり、それはインターネットをビジネスプラットフォームとしてより多くの人々や組織に認識してもらうことにつながります。彼は2004年からデジタルマーケティングの分野で働いており、これまで3つのスタートアップを設立しました。デジタルマーケティングコンサルティング会社 InnoRed、ネットワークベースのコミュニティ開発プラットフォームWebaio.co、そして独立したニュースチャンネルLacosa.co です。2002年以来、彼はプロのボイスとしても活躍しています。これまでディズニーチャンネル、マクドナルド、Buchannas、Social Club、コカコーラ、などといった会社のプロジェクトに参加しています。最近では、fiverr.com/jhonnjairo を通して、あまり予算のない会社とも積極的に協力し、彼のボイスを提供しています。GTD理論に沿いながら自らのプロジェクトをコントロールできる最良のソリューションとしてNozbeを取り入れ、さらに、コース、会議、ウェビナーなどを通して、たくさんの起業家、ビジネスマン、学生たちへ自らの経験に基づくアドバイスをしています。
Twitter: @jhonnjairo

スペイン

César Balbín
スペイン
César Balbínは生産技術者と経営学修士(MBA)です。彼はZB Groupという会社のCEOです。ZB Groupはリサイクル産業のためのプラントと機械の設計・施行に専念する会社です。Césarはエンジニアリング部門とEPCプロジェクトに費やす時間が20年以上です。そのプロジェクトのポートフォリオは500Mドル相当のです。現在Césarと彼のチームはタスクとプロジェクトを管理するために主アプリとしてNozbeを使っています。Césarは特別な色のシステムを開発しました。彼はカテゴリーを通してタスクを委任します。製造工程だけでなく、Lean ManufacturingとToyota KataのためにもNozbeを利用しました。その結果、生産性の向上とPDCAの優れたマネジメントが出ました。LTKとNozbeの連携のおかげで会社の損益計算書も良くなってきました。 その上、詳しい生産プロセスの計画を実行するためにNozbeをバーチャル・リアリティ(VR)とオーグメンティッド・リアリティー(AR)のデバイスと会社のマネジメント・システム(ERP and SAP)と統合されます。Césarは現在リーダーシップ、マネジメントと生産を改善プロセスと結合します。上述のことはNozbeでタスクの管理に基づいています。
ウェブページ: www.zbgroup.es
電話: +34 620449489
住所:
Zamalbide, s/N, 20100, Rentería, San Sebastián

ドイツ

Christian Walther (クリスチャン・ヴァルター) 博士
ドイツ
ドイツでの最初のアンバサダー。彼は15年間に渡ってInternational Consulting Groupのオーナーをしています - 中小企業のための独立したコンサルティングファームです。彼の会社は、エネルギー、サービス、ヘルスケア等、様々な産業にアドバイスを提供しています。クリスチャンと彼のチームは、プロセスや組織の最適化への適切なソリューションをサポートし、実用的なタスク、及びプロセスマネージメントのツールとしてNozbeを導入しすることを推奨しています。プロセスの効率化やコスト削減等、実際の成果を顧客にもたらすことを彼らは重要視しています。彼らはまた、タスクマネージメントの学会を組織し、様々な会社へNozbeを導入し、分析、トレーニング、そして様々なレベルでの実装を提供しています。彼らの導入方法は多角的にテストされ、規模に関わらず様々な会社への導入に成功しています。クリスチャン・ヴァルター博士と彼のチームはタスクとプロセスマネージメントのエキスパートであり、長年にわたる業界内のコンサルタントの経験があります。彼らはまた、自らの日常業務においてもNozbeを使っています。クリスチャンは効果的なタスクマネージメントソフトウェアを長年探してきました。しばしば操作するのにとても複雑で、誰も使いたがらないようなソフトウェアに直面することもありました。Nozbeと出会った際、クリスチャンと彼のチームはすぐにそのシンプルな操作性と実用性を気に入りました。Nozbeのさらなる利点は、チームでコミュニケーションでき、小さなプロジェクトでも簡単に管理し、モニターし、成功裏に完了できるという点です。クリスチャンと彼のチームはNozbeを使うためのノウハウを教えるトレーニングプログラムを提供し、さらに、個人や顧客ごとに最も適した手順や使い方をサポートしています。
ウェブページ: inter-consult.com
電話: +49 (0)89 649 62 767
住所:
International Consulting Group GmbH
Harthauser Str. 38 | 81545 Mテシnchen

ポーランド

Piotr Rubik (ピオトル・ルビック)
ポーランド
ポーランドのスペシャルアンバサダー. ピオトル・ルビックは1968年9月3日にワルシャワで生まれました。子供の時からチェロを始め、ワルシャワのEmil Mlynarski 音楽小学校、ワルシャワのKarol Szymanowski中等学校、そしてワルシャワのショパン音楽アカデミーを卒業しました。彼はチェリストとして、世界的にも有名なWorld Orchestra Jeunesses Musicalesやシンフォニア・ヴァルソヴィア (Sinfonia Varsovia)など、数多くのオーケストラと演奏をしてきました。子供の頃、自らの目標は作曲をすることだったと彼は言っています。数多くの著名なアーティストへ作曲を提供したり、オーケストラを指揮したり、また、ピアニストとしても活躍しています。さらに、音楽プロデューサーとしても、多くの著名なアーティストのためにこれまで30以上のアルバムを製作しました。彼の最初のヒット作は、エディータ・グルニャク(Edyta Górniak)による”Dotyk”です。彼はまた、映画のサウンドトラックも作曲し、中でも”Ja wam pokażę”や”Ryś”が有名です。彼の作曲は、”Quo vadis” や”Zemsta”などの有名なポーランド映画にも使われています。テレビやラジオ番組のテーマソングにも使われています - “Wiadomości”、”Tomasz Lis na żywo”やポーランドのラジオの第一放送曲のテーマ音楽、などなど。とりわけ国内では、彼は”Tu es Petrus”や”September Psalter”のオーケストラを指揮していることで人気を博しました。これらオラトリオのベストセラーとしていくつかを挙げると - “Let them say it is not love”(Radio Zetからは最高のポーランドソングとして評価されました)や、何週間にもわたってポーランドのヒットパレード1位となっていた”Psalm for you”があります。アルバムの売り上げも何十万枚を超えました。彼はまた、たくさんの賞を受賞しています: 2005年にソポトで開催されたJedynkiフェスティバルでの1位入賞、2006年アルバムオブザイヤーSuper Jedynka、2006年モストポピュラーアーティストSuper Super Jedynka、Wiktor 2006、Telekamera 2007、2007年トップトレンディフェスティバル1位入賞、Teraz Polska 2007、Róże Gali 2007、などです。
ウェブページ: rubik.pl
Matt Olech (マット・オレフ)
ポーランド
ポーランドで2番目のアンバサダー. マットはポーランド人のYouTuberです。YouTuberとして7年間活動をしています。彼の動画はこれまで1500万人以上の人から視聴されてきました。彼のMatt Olechチャンネルでは、主に高校生をターゲットにしたエンターテイメントを提供し、Matt Rozkminiaチャンネルでは、社会問題や生産性に関するトピックを扱っています!2012年には、ビジネストレーニングの分野へも進出しました。彼はソーシャルメディアや生産性に関するトレーニングを提供しています。彼はGettings Things DoneやNozbeのファンです。仕事ではNozbeだけでなくPomodoroテクニックを使っています。”完璧を目指すよりまず終わらせろ” の格言を大切にしています。彼の人生の使命は?積極的にポジティブに、そして積極的に役に立つようになる、というものです。笑顔は彼の仕事において非常に重要です:) 彼はこれまで例えば、Provident、Tic-Tac、Hoop Cola、ポズナンWSB大学 ポズナン経済大学、などといった機関と協力しています。
Żaneta Jażdżyk (ジャネッタ・ヤジュジック)
ポーランド

ポーランドでの3番目のアンバサダージャネッタは生産性、アプリ、オートメーションへの強い情熱を持っています。彼女はこれらのテーマを何年にも渡って研究し、とりわけGetting Things Done の理論に基づく彼女自身のシステムを構築しました。彼女はGTDの導入をサポートするようなツールを探しているうちにNozbeと出会いました。このアプリはもう何年も彼女のシステムの基盤となっています。

彼女は自身のブログnettelog.plの中で、普段の生活の中での生産性 (理論、テクニック、応用) などを紹介しています。

これまでの教育、専門、そして職業柄、彼女はプログラマーです。この分野のテーマは2番目のブログnettecode.comで紹介しています。彼女はまた、プログラミングを学びたいグループのために勉強会などのサポートをしています。10年以上にわたって、プログラミングは彼女の情熱であり、生産性を追い求める際の強いモチベーションともなっています。

これらのキャリアや活動と同時に、娘の子育てを両立させることは決して簡単なことではありません。しかし、彼女は自分の人生を愛しています。生産性ツールは彼女に時間を時間を作ってくれます。それは彼女の情熱を追い求めるために、そして彼女の人生を追い求めるために必要不可欠です。

ウェブページ: nettelog.pl