NozbeブログでGTD

Thursday, May 25

どのように私がNozbeを使って日々をやり取りしているかご紹介いたします - Robby Miles

今回はRobby Milesさんからのゲスト投稿です - Nozbeアンバサダーであり、生産性を追究するナイスな人物です:-) フラットプロジェクトマネージメント、メールからのタスク作成、また、プロジェクトテンプレートの利便性について紹介されていますのでぜひお読みください。

私はRobby Miles といいます。子供を持つ父親であると同時に、歴史の教師、軍の仕官、オンラインフリーランサー、そしてNozbeのアンバサダーをしています。このように私はたくさんのことをやっていますが、Nozbeが生活の多岐にわたるエリアを一つにまとめ、整理してくれています。では、どのように私がNozbeを使って日々をやり取りしているかご紹介いたします。

Robby Miles Nozbe

プロジェクトラベル

Nozbeが優れていることの一つに、Nozbeは「フラット」プロジェクトシステムを採用しており、そのため、いくら複数の異なるタスクを持っていたとしても、全てを常に最新の状態で把握することができます。フラットプロジェクトマネージメントとは、タスクやサブタスクの中にも、プロジェクトの中にも、または、フォルダーの中にも、何も隠れたタスクがないということを意味します。もっと分かりやすく言うと、何回かクリックするだけで全てが目に見えて把握できるということです。多くのアプリではタスクを見失ってしまうことがよくあります。しかし、Nozbeではそういうことはありません。

Tuesday, May 23

Nozbeへ追加する - Michele Wiedemerさんからの最良のヒント

ブログポストの新しいゲスト投稿です。今回はファンタスティックなNozbeユーザー、Virtual Customer LearningのMichele Wiedemerさんが、Nozbeへタスクを追加する際の彼女のやり方についてお話してくれます。彼女がお話しするオプションを皆さんは知っているでしょうか。では、見ていきましょう。:-)

こんにちは。私はMichele Wiedemerと申します。フリーランスとして10年間仕事をしています (テクニカルライター、チュートリアルビデオデベロッパー、インストラクショナルデザイナー、eラーニングデザイナーとして) 。その期間、私はタスクとプロジェクト管理の様々なシステムや方法を試みてきました。そして私は一年少し前にNozbeと出会いました。それまでのクレイジーで試行錯誤を重ねていたプロジェクト管理の日々を今となってはかろうじて思い出すことができます。私はデビッド・アレンの「Getting Things Done (GTD)」の本を2006年に読み、その理論に感銘を受けてからというもの、それを私の生活に導入しようと試みてきましたが、Nozbeに出会うまでは、GTDが本当に私の生活に導入されていたかというと、甚だ疑問でした。

Michele

シンプルでストレスフリー

NozbeはGetting Things Done理論の様々な側面をサポートしているにもかかわらず、一つに集約されているので、私の生活をシンプルにし、そしてストレスも無くしてくれます。Nozbeの機能を全て理解し、自分で自由自在に操れるようになるまで、私は様々な異なる方法でNozbeへタスクの追加を試してみました。その結果、Nozbeを完全に信頼することができ、タスクを全て委ねています。タスクを追加するということでも、実に様々なオプションが存在しているという点がとても気に入っています。

直接Nozbeへ

あるプロジェクトについて考えていたり、取り組んでいたりすると、もっとたくさんのタスクをそのプロジェクトに入れたいと思うのは自然なことだと思います。私の場合は、インボックスにタスクを追加していくのではなく、特定のプロジェクトに追加していきます。というのも、私はタスクを先に作ってからプロジェクトに、というのではなく、プロジェクトについて考えているときにタスクを追加するというスタイルが合っているからです。そして、追加する際にプロジェクトリストのトップにしたり、一番下にしたり、また、並び順を変えることができるのもとても気に入っています。

adding to Nozbe

iPhoneアプリから直接

不意に浮かんだ考え (歩いているときや移動中など) をタスクとして取り上げる一番簡単な方法のうちの一つは、iPhoneを使うことです。以下の方法で、タイピングしなくともタスクを簡単に追加できます。

  1. Nozbeアプリを呼び出し、インボックスを開きます。
  2. "+"ボタンをタップします。
  3. マイクロフォンボタンをタップします (スペースバーの左)。
  4. タスクを口述します。
  5. 「完了」をタップします。
  6. 「次へ」をタップします。

...すると、私のタスクがものの数秒で入力されました。(どうやってやるか説明するほうが、実際にやるよりも時間が掛かるほどです!:-)) 私はたいてい歩きながらいろんなことを考え、頭をクリアーにしていきます。なので、アイデアが浮かんだら、忘れてしまう前に信頼できるシステムにすばやく入れてしまうことができるのはとても重要なことです。

iPhoneシェアシートを使う(Safariや他のアプリ)

私がiPhoneでタスクを作る他の方法は、Safariや他のアプリで利用できるシェアボタンを使う方法です。私はまた、たくさんの記事、ニュースレター、メッセージなどを読みます。そして私のフリーランスのプロジェクトにタスクとして追加するものもたくさん出てきます。以下、このときに用いるステップです。

1)Safariやアプリでリンクを開きます。

2)下部にあるシェアアイコンをタップします。

Share icon

3)Nozbeアイコンをタップします。

Choose Nozbe

4)タスク名を編集するか、ページタイトルが自動的にタスク名となっているのでそれを選択します。

Edit

5)Nozbeへ追加するポップアップ画面の下部に、いくつかのアトリビュート追加のオプションがあります(プライオリティ、プロジェクト、日付、繰り返し、所要時間、カテゴリーなどが利用できます)。私はこのときにはこのアトリビュート追加の機能はあまり使わず、あとでプロジェクトを考えるときになってはじめて、タスクにこれらの情報を付加するのですが、このオプションが利用できるのは素晴らしいことだと思います。

Attributes

6)投稿をタップします。

Eメール

あなたはメールからのタスクの受信を設定しましたか?これは私がタスクを追加するのに最も使う方法だと思います。様々なクライアントと仕事をしていると、時々ものすごい勢いでドッと物事が押し寄せることがあります。それゆえ、私のメールのインボックスがカオスにならないようにすることが、頭をすっきりさせるのにとても有効です。なので、メールでタスクになるようなこと(または、なりそうなこと) を受け取ったら、すぐに私のシークレットNozbeメールへ送信します。保存する必要のあるメールは、Evernoteへも送っています。そのあとで、そのメールを完全に削除し、私のメールのインボックスを管理しやすいようにしています。そのタスクをどのプロジェクトへ入れたらいいか、どのカテゴリーを付加したらいいか、プロジェクトにするべきか、などについては後で考えることができます。それらについてはNozbeへタスクを送る際にも可能ですが、私にとってはこの瞬間にそれを考えるのは作業の停滞を招くので、別のプロセスのときに、タスクについてもっと考えるようにしています。

Evernote

Eメールのところでも少しお話しましたが、私はEvernoteを使って参考資料を保存しています。私はEvernoteを資料保存に使い、Nozbeをタスクに使うようにしています。私にとってはそれらを別々に分けていたほうがベストです。しかし、時にはリマインダーの日付を付けた参考資料があります。NozbeとEvernoteを関連付けると、たくさんの素晴らしい連携が起こります。リマインダーが付いたノートがあると、Nozbeのタスクとしてリマインダーの日付に出現するのです。

Chrome拡張機能

調べ物をしていたり、ウェブを閲覧しているときに、Chrome拡張機能はNozbeのインボックスへ入れるのに非常に便利な機能です。メールのニュースレターにも、いくつかの記事へのリンクがあり、後でそれを見たりしたいときがあります。そういうときには、私はリンクを開き、Chromeの拡張機能を使ってNozbeへタスクとして追加しておきます。リンクは自動的にコメントとして追加されているので、リンクを覚えたり、心配する必要は全くありません。こうすることで、各記事を逐一全部読まないと次のタスクに行けないなどという、身動きが取れなくなることはありません。

Nozbe Chrome Extension

編集者からの注意事項: 以下のことにご注意ください。Chrome拡張機能はMarcus Plattが作成した外部の機能であり、もう何年もアップデートされていません。常に正常に作動するわけではない、という問い合わせを多くいただきます。このChrome拡張機能によって生じる問題や不利益につきましては、私たちNozbeは何ら責任を負いません。

終わりに

これまで紹介した様々な方法でNozbeへタスクを追加したら、あとでタスクの中身を整理したいというのが私の性格なので、私のNozbeのインボックスは毎日いっぱいになります。これでOKなのです。私はタスクについて考える時間を設けています。適切なプロジェクトへ配置し、次のステップに何が必要か考え、締め切りや所要時間を設定したり、コメントを追加したり、カテゴリーや繰り返し (いつもではなく必要に応じて) を設定したりします。そうして私はNozbeのインボックスを毎日(もしくは少なくとも週に一回) クリアーにするように努めています。そうしておけば、いざそのプロジェクトに取り掛かるときまで、タスクについて心配する必要はありません。

Michele Wiedemer さんは Virtual Customer Learningのカスタマー教育コンサルタントです。彼女のカスタマー教育の業績についてもっと知るには Train Your Customer!Blog をご覧ください。

Tuesday, May 23

Nozbeのプロジェクト機能を最大限に活用する

これはFokke Kooistraさんによるゲスト投稿です - Nozbeユーザーであり、生産性を追究するオランダ人のコーチです。私たちのアプリを使っていかに彼がプロジェクト機能をうまく使いこなしているかを見て行きましょう。

Fokke Kooistra

多くの人にとって、プロジェクトとはあるアクションのセットであり、そしてある種の望ましい結果や成果が伴うものだと思います。プロジェクトはビジネスでよく用いられますが、パーソナルライフでも使われてしかりです。私たち Think Productive がワークショップを行い、うまくプロジェクトのリストを作成できるようお手伝いしているのですが、それはプロジェクトの作成が生産性の向上に繋がるからです。

しかし、プロジェクトはつねにポジティブな面だけを持つものではありません。「プロジェクト」という用語で何を連想するか人に尋ねると、締め切りを過ぎてしまった、予算がオーバーしてしまった、ストレスを感じる、というものが典型的な反応だと思います。私が話したNozbeユーザーの多くもNozbeのプロジェクト機能をそのような考え方で捉え、使っているように思います。つまり、Nozbeのプロジェクトセクションを仕事や生活で経験しているプロジェクトと同じようにみなしているのです。しかし、プロジェクトセクションは多様な使い方があります。このポストでいくつかの便利な使い方を紹介していきたいと思います。

Friday, May 19

ウェビナーの録画のお知らせも!

たくさんの方がウェビナーへご参加いただき、誠にありがとうございました。本当に楽しく、また、価値のある時間でしたので、ぜひそのウェビナーをレコーディングしたものを参加できなかった皆さまともシェアしたいと思いました。ウェビナーが皆さまの「春の生産性の大掃除」への活力となり、また、今年の目標を達成するためのヒントやワザとなることを願っています!

ウェビナーのライブの録画を見るにはこちら: 「チームの生産性を高める10のステップ」

Loading...

Wednesday, May 17

時間と労力を節約する2つの実用的なテンプレート

一日の中でやるべきことがたくさんある時、最適化したり合理化することはとても効果的です。中でも、簡単に導入でき、何度でも使えるようなルーチンや手順を作って、それに沿って進めて行けるようにすることが一つのキーです。Nozbeはそのためにとても便利な機能を持っています: プロジェクトテンプレート... 一般公開していろんな人と共有できます。 Nozbe.howテンプレート は、あなたがいかに計画を作り、うまく遂行し、効率よく成し遂げて行くのかを友達やフォロワーに見せたり、紹介したりすることができます。

それでは、Nozbeコミュニティメンバーが最近作ったプロジェクトテンプレートをいくつか見て行きましょう。

templates May

Nozbeで外国語を学ぶ

新しい習慣を身につけるのにNozbeがとても役に立つのをご存知ですか。外国語の習得を例として挙げてみましょう。第二、第三言語を話せたらいいな、と思わない人はいないと思います。そうですね、フランス語を例に挙げましょう。

Nozbeで外国語を学ぶことについてのテンプレートのダウンロード

GTD- 仕事を成し遂げる技術

Nozbeのアプリは「Getting Things Done」からヒントを得ましたがGTDをよく知っていますか。知らない場合にはぜひこのテンプレートをご覧ください。

GTDのテンプレートのダウンロード

皆さんの経験もぜひシェアしてください!

Nozbeユーザーであれば優れたプロジェクトテンプレートをいつでも気軽に誰とでもシェアすることができます。ソーシャルメディアやあなたのウェブサイトなどであなたのテンプレート を #NozbeHOW タグでシェアし、友達や知り合いの生産性向上に役立ててください。また、Nozbeブログでもご紹介することができます!

プロジェクトテンプレートは初めてですか?

簡単に今から始められます!プロジェクトテンプレートを使って、時間や労力を節約し、より良い成果につなげてください。生産的になることは、何もがむしゃらに仕事をすることではありません。スマートに仕事をし、常に最適化のソリューションを見つけていくことです。優れた共有テンプレートを利用することはそのうちの一つです!

ぜひ以下のページで使い方をマスターしてください。Nozbe.how ウェブサイト

Friday, May 12

ウェビナーのリマインダー: 5月18日(木) 開催: チームの生産性を最大化する10ステップ

無料のウェビナーへ参加し、あなたのチームの生産性を簡単な10のステップで最大化してみましょう!

Webinar

今月のウェビナーは、私とNozbeチームがチームの生産性を高めるための10の実用的なヒントをお話しいたします。Nozbeを使ってチームをより良く、生産的にしたいと考えている方は、ぜひこのウェビナーにご参加ください!

無料のウェビナーに申し込むにはこちらから

いつですか? 2017年5月18日(木)

  • 10 AM PST (サンフランシスコ)
  • 1 PM EST (ニューヨーク)
  • 6 PM GMT (ロンドン)
  • 7 PM CET (パリ、マドリッド、ベルリン)

500席までとなっていますので、お早めにご予約ください!

ウェビナーは英語で行われます

Goran Kasun: "Nozbeは私の中のここ数年のベストワンです。Nozbeを見つけたおかげで他のアプリを探す必要がなくなったので、やっと仕事に集中して取り組めます。:-)"

Goranさんや他のNozbeユーザーと生産性に関するヒントやワザについて議論してみたいと思いませんか?

ぜひウェビナーでお会いしましょう!

Thursday, May 4

空想が戦略と手を取る - あなたの強みを仕事で用いる方法

ドミニク・ユシュチク(Dominik Juszczyk)とのインタビュー。Gallup認定のストレングスコーチであり、チームの生産性や効率の向上をサポートする専門家です。

Dominik Juszczyk

前日のNozbe会合で、あなたは私たちチームのためにワークショップを行ってくれましたね。ワークショップはタレントについてがメインでした。:-) 各自が事前にGallup Strengths CenterのStrengthsFinderテストを受け、その結果に基づいてミーティングを行いました。ところで、そもそも「タレント」とはどういう意味ですか?

「タレント」という言葉を聞くと、歌ったり、踊ったり、他の人より秀でたユニークなものとイメージすると思います。「Got Talent」というテレビ番組を想像する人も多いでしょう。タレントと強みを基にした私たちの手法の中では、タレントの定義を異なって使っています。タレントとは、すばやい決断ができる能力であったり、問題へ慎重なアプローチを採ることができる能力であったり、他人の感情を分析できる能力であったり、また、他の人に向かって話せる能力であったりします。これらの特徴はどれもタレントと呼ばれます。Gallup Organizationの公式の定義では、タレントとは、人に生まれ持って備わっている、反応、感情、そして行動のパターンと定義されます。

Tuesday, April 25

Nozbeで関連するプロジェクトをグループ分けしましょう

この記事はNozbeでサブプロジェクトの機能がないだろうかと思っている方や、プロジェクトラベルの便利な機能が知りたい方に主に向けられて書かれています。

Using labels

サブプロジェクトがほしい!!!

会議などでNozbeのプロモーションをしていると様々な興味深い人々に出会います。あるとき、プロフェッショナルなイベントマネージャーと話す機会があったのですが、その中で彼女はNozbeを以前試してみたものの、すぐにやめたという話をされました。Nozbeにはサブプロジェクトの機能がないことにがっかりしたということでした。

彼女は同時にたくさんのイベントを抱え、様々な側面からイベントマネージメントをする必要があると説明しました。そして、各イベントには少なくともリンクするいくつものプロジェクトが必要ということでした。"私はサブプロジェクトが必要なのです!!!" そう彼女は主張しました!

しかし、必ずしもそうなのでしょうか。

ワークフローを見直すことで、サブプロジェクトやサブ-サブ-プロジェクトは必要なくなるのではないかと私たちは考えます。その代わりにプロジェクトラベルを使うことをオススメしています!

大きすぎて一つのプロジェクトとしては適さない場合もあります

私たちは皆さんが抱えている仕事は大変複雑であり、それらの仕事はまた、多くのステージや多岐にわたる側面で成り立っていることを理解しています。Nozbeでも複雑なプロセスがたくさんあります。縦の階層になっているプロジェクトを一歩外側から見直し、異なった方法でリンクし直したことはありますか?

Sunday, April 23

時間と労力を節約する2つの実用的なテンプレート

一日の中でやるべきことがたくさんある時、最適化したり合理化することはとても効果的です。中でも、簡単に導入でき、何度でも使えるようなルーチンや手順を作って、それに沿って進めて行けるようにすることが一つのキーです。Nozbeはそのためにとても便利な機能を持っています: プロジェクトテンプレート... 一般公開していろんな人と共有できます。 Nozbe.howテンプレート は、あなたがいかに計画を作り、うまく遂行し、効率よく成し遂げて行くのかを友達やフォロワーに見せたり、紹介したりすることができます。

それでは、Nozbeコミュニティメンバーが最近作ったプロジェクトテンプレートをいくつか見て行きましょう。

templates April

お花見

春がやっと来ました!^^/ お花見準備を始めましょう。テンプレートにさくら開花前線、花見の必需品リスト、お花見弁当のレシピーとお花見スポットが記載されています。

お花見についてのテンプレートのダウンロード

Friday, April 14

FAQブログポストシリーズ!パート2 - チームを抜けるときプロジェクトやあなたのデータは?

先月始まったシリーズの第2回です。よく聞かれる質問にお答えいたします。今回は、過去のポストでも取り上げましたが、FAQリストにも頻繁に寄せられる質問をもう一度取り上げてみます。

leaving team?

私はNozbeが始まった当初からカスタマーのお手伝いをしてきました。ユーザーの方々とのコンタクトは、私にとって常に価値を持ち、そしてサポートチームにとっても創造性を与えてくれるものです。年月を通してみると、何度も繰り返し聞かれる同じような質問があることに気が付きます。

今回の質問もいろいろなパターンで寄せられています:

:CONTACT_US_EMAIL_ERROR メールアドレスは必要になります。
/
メッセージをお残しください
件名は必要になります。
メッセージは必要になります。