NozbeブログでGTD

Friday, February 10

生産性革命:Nozbeのこれまでの10年間。個人からビジネスへ

たくさんの方が今回のウェビナーにご参加いただきました。誠にありがとうございました。非常に有意義な時間でしたので、そのウェビナーの様子を皆さまとシェアし、ご覧いただきたいと思いました。ウェビナーが皆さまの生産性を "元気づけ"、また、今年一年の目標を達成するヒントやワザが見つかることを願っています!

webinar

ウェビナーのライブの録画を見る:"生産性革命:Nozbeのこれまでの10年間。個人からビジネスへ"

Loading...

Friday, February 3

Nozbeのショートストーリー

Nozbeの10周年記念についての2回目のメールです。3ヶ月(以上!)の無料分に関してだけでなく、Nozbeについてのストーリーや10周年を私たちがどうやって祝っているかについてもお話できればと思います。

10 years - 3 MONTHS OR MORE

以下、早速物語を始めていきます:

おそらく皆さんはあまりご存じないかと思いますが、Nozbeは私が個人的にタスクやプロジェクトを管理しようと思いスタートしました。2005年に私はDavid Allen(デビッド・アレン)の著書"Getting Things Done"に 感銘を受け、GTDを私の生活に取り入れようと、そのためのツールを探し求めました。しかし、その当時私の需要を満たすようなアプリがないということがすぐに分かりました。そのため、とある週末に試行錯誤を重ね、 荒削りではありますが、ついにプロトタイプのNozbeを作ることに成功しました。

未完成ではありますが、それはとても私の役に立ったので、その後も機能の改善に努めました。ある日私が作ったそのアプリを友達に見せると、彼らの反応は、"これはいいね、私もぜひ欲しい!"といったものでした。 私はそのときにこれは!と思い当たり、2006年の中頃にそれをNozbeと呼ぶことに決め、そしてその年末にはリリースすることに至りました。

その後、2007年の2月1日にNozbe"beta版"をリリースしました。その当時はまだユーザーの数はほんの一握りでしたが、いくつかのGTDに関するフォーラムに私のツールについて紹介し続けた結果、ある日ZDnetの 著名なブロガーであるMarc OrchantさんがNozbeのことを書いてくれました。そしてそこから全てがスタートしました。

そのわずか3ヶ月後には、Nozbeの登録者が5000人を超し、そして機能についての多くの質問や提案をいただきました。そこで、Nozbeのプレミアムプランを導入し、開発のための資金とすることに決めました。 2007年の5月には、100人を超える方がNozbeの有料会員に登録していただきました。これは私の予想以上の出来事でしたが、物語はそこでおしまいではありませんでした。

2008年には、私は自らそれまでやっていた仕事を辞め、Nozbeをフルタイムにすることにしました。そして現在に至っています。10年が経ち、400,000人以上のユーザーを抱え、私たち社員であるチームメンバーも30人を 超えました!

Thursday, January 26

Nozbeの有用な機能

「ハウツー」記事へようこそ。Nozbeコミュニティでステップバイステップで様々なものごとを達成できるNozbe.howテンプレートを共有できます。こちらのテンプレートは新しい紹介コースの一例です。1-4のステップ5-8のステップはブログでご覧いただけます。

今回のポストは次の章です。

yuuyouna-kinou

Thursday, January 19

8週間経過して...ウィークリーレビューとTGIFから私たちが学んだこと

10月のNozbeの会合で、会社のポリシー:「Thank God It's Friday」についてディスカッションする機会がありました。(これについては以前のポストでお話しました。)当初認めたくはなかったですが、このポリシーを導入する以前私たちの ほとんど誰 定期的なレビューをしていなかったのです。マイケルはその状況を変えようと考えました。そして今、私たちはその結果を明らかにいたします。これが「TGIF」を導入したいと考えている方のヒントになれば幸いです。

TGIF & weekly review

金曜日をデザインしましょう

教訓として、金曜日をあなた自身がスケジュールすることに力を注ぎます。通常業務や上司から指示されたことに追われるのではなく、TGIFを自分自身がデザインした1日と捉えます。レビューした後、するべきことはあなた自身が決めるのです。

Thursday, January 12

TGIF - Nozbeチームは仕事時間を減らしつつ、質を改善する試みをしています

私たちNozbeは新しい方針を決めました。金曜日をこれまでとは異なって捉えるようにしました。金曜日のことをポーランド語では“Piąteczek”といい、英語ではTGIFつまり、“ありがとう神様、今日は金曜日だ”というように翻訳できます。以下もっと詳しくご説明します:

Yoda helping us work less but better

参考: このポストは私がMediumに書いた記事の短いバージョンです。NoOfficeについての記事の中で、リモートワークについて書いています。こちらでも私をフォーローし、記事を オススメしていただければ幸いです。よろしくお願いいたします!

参考2: “オーディオ”バージョンもあります。共同運営者のラデク(Radek)とこの新しいTGIFのポリシーについてPodcastの#60エピソードの中で話しています。#70エピソード でもこのトピックについて話しています。

この実験的なポリシーを導入することで、私たちがより生産的になり、尚且つ仕事の時間を少なくし、ウィークリーレビューの時間を増やし、新しいことを学ぶ時間を増やしています。

私たちはすでに普通の会社ではありません。社員がリモートで仕事をし、実際のオフィスを持ちません。10年近くこのような形態で仕事をしていますが、数十万のNozbeユーザーがそのことを 特に気に止めることはないだろうと思います。

しかし、それだけで私たちが普通でないと言っているわけではありません。とりわけ、このリモートワークはとても機能しています。この“No Office”のおかげで、私たちはより良いライフスタイルを 楽しんでいます。

そして、何より私たちはとても生産的な会社です。実験的なことをするのには常に理由があります。より良く働く。より良くなる。より成長する。この新しいポリシーはその点を良くカバーしています。

この新しいポリシーは私の頭から離れない3つの疑問から始まりました:

Wednesday, January 4

Nozbe 3.4であなたとチームのためにNozbeレポートを作成してみましょう

この度、Nozbeの最新バージョンについてお知らせできるのを大変うれしく思います。Nozbe 3.4はユーザーの皆さまから特に要望の大きかったいくつかの機能が盛り込まれています。

Nozbe 3.4 MAIN GRAPHIC

  • チームパフォーマンスに関する週次/月次レポート
  • One Driveとの連携
  • Windows: キーボードショートカットでの「クイック追加」機能でアプリをより使いやすく
  • Android: GoogleからタスクをNozbeに追加
  • iOS: リマインダーをすぐにスヌーズ設定

Monday, January 2

年末年始のご挨拶、インスピレーション、ご招待

全てが少しだけゆっくりと、そして穏やかになる魔法のような時期がやってきました。そのような素敵な時期に、皆さまの幸せをNozbeチームを代表してお祈りいたします。そして、新年の抱負に関する私のウェビナーへご招待いたします。

Merry Christmas!

Thursday, December 29, 2016

Googleカレンダーとの連携のメリット & 導入方法

NozbeとGoogleカレンダーは親友のような関係です: お互いに情報を共有し、お互いの利便のために協働し、さらに、お互いを邪魔しません。そして、両方ともあなたのためによく働きます!Googleカレンダーとの連携について 覚えましょう。カレンダーについても詳しく知りましょう。

Google Calendar

Tuesday, December 6, 2016

新しくなったチュートリアルでNozbe Businessの進化した機能を学びましょう

私たちがここ数週間の間によく聞かれた質問の一つに、ビジネスバージョンのNozbeの機能を最大限に活かすにはどうすれば いいのか、というものがありました。この質問にお応えするために、チームとプロジェクトの役割、及び、Nozbe比率についての 短いチュートリアルを作成しました。Nozbe PROユーザーの皆さまの参考になればと思います。ぜひご覧ください!

Nozbe Business tutorial

Monday, November 21, 2016

毎日のエネルギーを管理するには (Nozbeで)

しばしばカレンダーに完全に依存している人がいます: スケジュールの空白を減らすのに躍起になったり、ミーティングやタスクに費やす時間を最小限にしたり、プロセスを最適化するのにこだわったりしています。 しかし、私たちの毎日をもっと素晴らしくするためには、それだけでは不十分だったとしたらどうでしょうか?

Managing energy in Nozbe