NozbeブログでGTD

Wednesday, February 3

Nozbe.how テンプレートであなたの生産性のワザやアイデアを共有しましょう

Nozbeではプロジェクトをテンプレートとして保存し利用できるのをご存知ですか?旅行の荷造り、レシピ、チェックリスト、 等々。テンプレートを保存したら、Nozbeアカウントの“テンプレート”へ行き、そこから新しいプロジェクトを簡単に 作成できます。さらに役立つことがあります!

あなたのテンプレートを共有できます - 特定の人とでも、世界中の人とでも共有することができます!

Nozbe.how

テンプレートの設定へ行き“テンプレートを共有”を選択すると、あなたのテンプレートへ繋がる特別な Nozbe.how/LINK を受け取ります。そして、そのリンクを仲間やお知り合い...などお好きな誰とでも共有いただけます

テンプレートを発行すると、Nozbeを1ヶ月分ゲットできます!

すでにたくさんの方に Nozbe.how ウェブサイトをご利用いただき、数多くのテンプレートを発行 いただきましたが、まだまだたくさんの方にNozbeコミュニティでアイデアを共有していただきたいと思っています!

  1. あなただけのテンプレートを作成 - クリエイティブに、タスクやコメントを追加 - テキストや画像、さらにはYouTubeクリップなどを添付してみてください!
  2. ソーシャルメディア (FacebookやTwitterなど) であなたのテンプレートへのリンクをハッシュタグ: #NozbeHOW で発行しましょう
  3. 5ステップ以上のコメント(画像または動画が1つ以上) があるテンプレートを発行した方には、私たちNozbeから連絡を取らせていただきます。その上で、Nozbe Pro、またはBusinessの1ヶ月分を追加させていただきます!

他の方のテンプレートを楽しんでください。そしてぜひ本日あなたのテンプレートを共有しましょう

OK、そうです今週に限り4ヶ月分お得にNozbe をアカウントに追加できます - NozbeアカウントをPro、またはBusinessにアップグレードするか、もしくは延長すると 追加でNozbe3ヶ月分をお得にゲットできます。さらに、テンプレートを共有して追加で1ヶ月分をゲットできます!

Nozbe 3.0 のリリースとNozbe9周年を記念いたしまして、お得なプロモーションを用意いたしました - Nozbe Pro またはBusinessへ1年分アップグレード、または延長 すると以下の特典があります:

  • 毎月払いに比べて20%お得です (約2ヶ月分の節約になります)
  • 追加料金が掛からずにNozbeアカウントに3ヶ月分追加されます
  • #NozbeHOW ハッシュタグを使ってソーシャルメディアであなたのテンプレートを共有すると1ヶ月分さらに追加されます

ぜひこの機会をご利用ください 2+3+1 = 合計で6ヶ月分ものNozbeをゲットしましょう!

Monday, February 1

Nozbe9周年をお祝いしまして、新しいNozbe 3.0をご紹介します!

ハッピーバースデーNozbe!本日9周年を迎えます。9年間にわたり300,000人を越す世界中のビジネスマンや プロフェッショナルチームの仕事をサポートしてきました。

Nozbe3

Nozbe 3.0 は改良されたデザイン、ビジネスアカウント、そして新しいロゴです!

Nozbe 3.0についてもっと詳しく知るにはこちらのビデオをご覧ください:

Loading...

ビデオをご覧いただきましたが、ここで私から (1) どうやってNozbe 3.0 を利用できるか (2) 3.0 ではどこが新しいのか (3) ビジネスのための新しいNozbeとNOZBE3スペシャルオファー (4) についてご説明いたします。 以下をお読みください:

1. Nozbe 3.0 は私たちがサポートする9つの主要なプラットフォームで利用できます。

Saturday, January 30

„生産性を高めるための10ステップのコース” オーディオブック

皆さまに無料のご提供!

まだ皆さまの記憶に残っているかと思いますが、私たちの „生産性を高めるための10ステップのコース” は多くの方々にご覧いただき(Nozbeユーザーだけでなく)、多くのヒントを実生活の改善に役立てていただきました。 今回さらに、より簡単にご利用いただけるようコースのオーディオバージョンをご用意いたしました。

オーディオブック "生産性を高めるための10ステップのコース" 無料ダウンロード!

本日はNozbeの9周年のお祝いですので、このオーディオを無料で皆さまにご提供したいと思います。 - „生産性を高めるための10ステップのコースオーディオブック” - MP3ファイルとしてダウンロードいただけます

オーディオブックに含まれているもの

オーディオブックは11のパートに分かれています: イントロダクションと10のレッスンです。 各レッスンは生産性システムに関する様々なトピックを扱っています:

  • レッスン1. 全てをInboxに入れる方法
  • レッスン2. プロジェクトのマネージメント
  • レッスン3. 優先タスク(次のアクション) の管理方法
  • レッスン4. 移動しながらも生産的に
  • レッスン5. タスクを通してコミュニケーション
  • レッスン6. コンテキストで作業する (タスクを分類する)
  • レッスン7. 参考資料の整理 (ドキュメント)
  • レッスン8. 生産性システムの定期レビュー
  • レッスン9. メールを効率的に処理する
  • レッスン10. パーフェクトな生産性システムを導入するには (本日!)

オーディオブックのガイドラインはマイケル・スリウィンスキ (Nozbe CEO、創設者) 自身のワザや方法に基づいています。 この方法で彼は生産的に物事をクリアし、幸せな生活を送っています。このコースはきっと皆さまのお役に立ち、 皆さまの生産性システムを向上させることでしょう。ぜひオーディオファイルを携帯電話に入れ、いつでも簡単にアクセス できるようにしてみてはいかがでしょうか。

Tuesday, January 26

もうすぐリリースされるNozbe 3.0のお祝いに参加しましょう - 仕事の様子をお見せください!

私はとてもワクワクしています!あと数日後の2月1日、私たちNozbeは9周年を迎えます。

9年間にわたり、世界中のたくさんの人々の仕事を成し遂げるサポートをしてきました

約10年前、私は小さな生産性のウェブアプリを世界へ向けて発信しました。その後の歴史は私たちの歩みが示すとおりです。9つの異なるプラットフォームで利用できるNozbeは、今では300,000人を越すユーザーの皆さまにお使いいただいております。素晴らしいチームスタッフとともに毎日世界中の皆さまが生産的に仕事できるようサポートをさせていただいております。

この9周年を記念いたしまして、Nozbe 3.0を来る2016年2月1日にリリースします - もう一週間を切っています!

photo of Nozbe 3, 9 years

どのように物事を成し遂げているのかを他の方とシェアしませんか

皆さまもすでにご存知のことと思いますが、30人を超す私のチームメンバーや業務を委託している方々は自宅から仕事をしています - 私たちはオフィスを持っていません。なぜなら“仕事は行くための場所ではなく、するべきもの”だからです。そこで本日、私たちがいかにしてそれぞれの“Nozbe オフィス”で仕事をしているのかをお伝えできるような写真をポストしようと決めました。

ぜひ私たちにあなたが日々仕事に取り組んでいる様子をお見せください!あなたの #NozbeOffice をソーシャルメディアでシェアしてみませんか

photo collage of our #NozbeOffice photos

“会社のオフィス”、ホームオフィス、共働スペース、またはコーヒーショップであろうと、Nozbeを使って仕事をされていますよね?私たちはそんな皆さまの仕事の様子をぜひ見てみたいのです。Nozbe9周年と、アプリのバージョン3のお祝いといたしまして、ぜひご参加ください:

  • Nozbeを使って仕事をする場所、そして仕事の様子の写真を撮ってください
  • ハッシュタグ #NozbeOfficeを使い、その写真をTwitter、Facebook、またはInstagramで共有してください
  • ハッシュタグ #NozbeOffice でTwitter、Facebook、またはInstagram アカウントでフォローし、他の方から仕事をうまく成し遂げるたくさんのヒントをもらってください!

Nozbeの9周年を一緒にお祝いし、ぜひ皆さまの仕事の様子を共有し、いかにそれが効率的かをお伝えください。 - お互いからいろいろ学びあいましょう!

P.S. 誕生日にはプレゼントがあります - Nozbe 3.0では新しいNozbe ビジネスアカウントを導入し、また特別なプロモーションを実施する予定です。私たちがこれまでにまだやってないものになると思います。ぜひカレンダーにマークしてください: 2016年2月1日(月)です。乞うご期待ください!

Friday, January 22

Pro ヒント: パワフルなオートメーションツールとNozbeを連携しましょう

2015年はモバイルプラットフォーム、特にiOSにおいて、オートメーションの新しい可能性をたくさん見た年でした。2016年が始まったばかりの今はまさにワークフローを改善しもっと効率良くするとてもいい機会ではないでしょうか。

Automation

このブログポストでは、オートメーションツールがいかにNozbeと連携するかについての例をいくつかご説明いたします。Eメールとの統合ハッシュタグマークダウンサポートのおかげで非常に便利なことが可能になりました。以下詳細を見ていきます:

Tuesday, January 12

Nozbeユーザーのご紹介- ペドロ・ロディンガーさんのNozbeでの年間目標設定

私たちは世界中のNozbeユーザーを定期的にご紹介しております。本日私たちはスペインを訪れ、 ペドロ・ロディンガーさんにお会いし、彼がNozbeを使っていかにご自身の仕事の目標に取り組んでいるのかについて お聞きしました。

Pedro Rodinger

ペドロさんとはどんな人物か?

私の名前はペドロ・ロディンガーといいます。20年以上にわたりファイナンス、 及び会計の分野でマネージャーとして働いています。また、産業財産権を専門としています。 大きな組織の中で、最新のITシステムを駆使し、スタッフのマネージングをしながら、国際的な環境の中で働いています。

結婚していますが、子供はありません。妻と一緒にスペインのアリカンテという街に住んでいます。 休みの日にはアリカンテにあるスペインの赤十字でよくボランティアをしています。

Nozbeの役割

Nozbeを使い始めてから2年以上になります。本日は、私がいかにこのアプリを使って、 特別なタスクと特定のコンテキストを使いながら、1年の目標の達成をコントロールしているのかについてご説明したい と思います。

ペドロさんの仕事の年間目標の図式

以下の表には3つの欄があります。最初の2つの欄には私がマネージングすべき仕事の年間目標を、 3つ目の欄にはその目標を実行に移せるタスクとして示しています。 これらは明確で、また設定した目標のために私が実際に行動に移せるものであることが大切です。 もちろん、ここで私が説明しているものはほんの一例であり、皆さんに理解していただけるよう簡潔にしました。

表

ステップ1: 新しいカテゴリー "2016年の年間目標"

私の目標の達成を追及するために、"2016年の年間目標"というカテゴリーを作成します。 名前に2016という年を加えることによって過去の年と新しい年を区別できるようにしています。 去年のものについてはまだパフォーマンスレポートなどのレビューを完成させる必要があるためです。 この年末のパフォーマンスレポートを終えたら、"2015年の年間目標" カテゴリーを削除します。

ステップ2: 特定の活動それぞれについてNozbeのタスクを作成

私の場合には、これらの目標は2015年の目標や責務などの延長したものや派生したものとなることが多いです。 そのため、私はすでに多くのNozbeプロジェクトが進行しています。

ここで、上で明示した4つの活動それぞれについてNozbeでタスクを作成します。 そして、"2016年の年間目標"カテゴリーをそれらのタスクに追加し、タスクはすでに進行しているプロジェクトの 中に割り振ります。場合によっては、すでに進行しているプロジェクトに入れずに、新しいプロジェクトを作ることもあるでしょう。 新しい目標を考慮することで、すでに進行中のプロジェクトを再編集することにもなります。 この作業を私はとても重要で非常に役に立つエクササイズだと考えています。

ステップ3: 毎月などの定期的な進歩状況のレビュー

毎月1回、または2ヶ月に1回、"YYYY年の年間目標" のカテゴリーで全てのタスクを抽出してレビューし、 適宜コメントを追加していきます。こうすることで目標の進歩状況を確認でき、達成具合を概観することができます。 1年の終わりには、これらのコメント全てが私のパフォーマンスのレビューにとても役に立ちます。

皆さんはどのように工夫されていますか?

ペドロさんのアイデアは実用的で興味深いものであったと思います。基本的なNozbeの機能を使って、 ボスから与えられた仕事上の責務や自身の目標を非常にうまく組織しています。ペドロさんは以下のことを強調しています:

  1. 大きな目標を小さなステップに分けること
  2. これらのステップやタスクはNozbeでははっきりと特定されたアクションできるものであること
  3. プロジェクトやミッションは定期的なレビューと更新/調整が必要であること

ここで質問です: 皆さんが物事を成し遂げるために、いかにNozbeをお使いでしょうか?

ぜひ皆さんのやり方を他のユーザーと共有してみてはいかがでしょうか。私たちのチームへメールでお教えください。 よろしくお願いいたします。Nozbeの使い方に関するもっと多くのアイデアをお探しでしたら - 私たちのNozbe.HOW テンプレートをぜひチェックしてみてください

Friday, December 25, 2015

メリークリスマス & 生産的なニューイヤー

新しい年が皆さまにとって幸せと成功に満ちたものとなりますように。2016年には夢が全て叶いますように!

2016年に成功を祈っています。明けましておめでとうございます!

Merry Christmas!

来る年のNozbe3.0に興奮しています。来年の二月はNozbeの9周年記念であるので、たくさんの新しい機能と

機能強化を作ります!乞うご期待!

P.S. 英語が話せば、Marcus Plattという生産性の専門家とNozbeのパワーユーザーの本を読めます: Lite Book of Nozbe PDF

Thursday, December 17, 2015

Nozbeの使い方 - 教師

Nozbeユーザーの職業やバックグラウンドは様々です。これまで、医者不動産会社法律家、そして大学生の使い方をご紹介してきました。今回は特に小・中・高校の先生へ向けた使い方をご紹介します。

Teachers

バックグラウンド

先生たちが物事の計画を立てるのは非常に難しいだろうと私は思います。様々な要因に左右されるのでとても複雑な問題だと思います。私が小中高の教師と大学教授 に分けたのもそれが大きな要因であり、この記事は主に教師に向けてのものです。

小学校、中学校、高校の先生は基本的には同じ生徒体系を持ち、勉強したい生徒、したくない生徒を同じように抱え、学校によって程度は違うかと思いますが、各々がペーパーワークに追われ、ストレスと付き合っています。

先生の生活

先生にとっての最終的なゴールとは、様々な教材を用いながら、自身の知識をめいいっぱい生徒たちに伝えることだと思います。大抵は学年やクラスによってカリキュラムなどが与えられ、生徒たちが学期や年度を終えるまでにやるべきことなどの基準があるかと思います。

なので、計画作成や業務の中でいかにクリエイティブであったとしても、依然としてそのようなカリキュラムや要領などに従わなければならず、さらに、生徒たちがカリキュラムについていけるよう、生徒たちの能力を最大限引き出せるよう先生は努力しなければなりません。もっと年少の学年は遊びの時間が多いかもしれませんが、その遊びも多くの場合教育的なものが要求されるでしょう。学年が上がるにつれ、遊びの時間は減って行きますが、教育的であるというのは常にあります (遊びでは何も教えることはできないという人はいませんが、それでも遊びの内容が問題となるでしょう)。

プロジェクトとラベル

幼稚園・保育園、小学校の低学年での最も効果的なラベルの使い方は、教えている教科をラベルとします。多くの学校教育システムでは1学年から3学年までは一人の先生が全ての科目を教えます。

それゆえ先生は生徒たちをうまく引き込んで、生徒たちの創意工夫を呼び起こすようなアイデアを試行錯誤しながら考えます。"テスト"、"創造的なアイデア"、"ゲーム/課外活動" などもラベルとして加えます。

プロジェクトですが、毎日の授業を科目ごとにアクションとして計画できるので、教科の中の科目をプロジェクトとします。こうすることで分かりやすくなり、あとから簡単に見つけることができます。

一方、4学年から12学年とさらに上の学年になると、授業を行うクラスルームや先生も変わってきます。多くの場合、一人の先生は一つの教科を担当するようになります。時々2つ担当する先生もいると思いますが。このような先生たちは、たくさんの学年のグループと異なる年齢の生徒を相手にしなければなりません。

この場合でも上で述べたようなラベルの使い方: "テスト"、"創造的なアイデア"、"課外活動" は役に立ちますが、生徒のグループでラベルを作ったほうがいい場合も多いです。

ここでも教科ごとに生徒に説明をしなければいけない科目がプロジェクトになります。例えば私が数学の先生であるならば、私は "幾何学"、"代数学"、"関数" などの科目を持っているでしょう。これらの科目が私のプロジェクトになります。これらの科目の説明は、1時間で終わってすぐにクリックして完了し、忘れ去ってしまうようなものでは決してありません。通常は練習をしたり、宿題があったり、同僚と会議を開いたり、などといろいろなことが必要です。

カテゴリー

先生が使うカテゴリーとは一体どんなものがあるでしょうか。

簡単です。例えばある特定の生徒のために使う教材をカテゴリーとしたり、他に役立つツール、例えば "インターネット"、 "コンピューター"、"電話" などをカテゴリーとします。これらのカテゴリーがあなたの毎日をスピードアップさせ、整理したものにしてくれます。これらのカテゴリーは業務に関するタスクにも使えます。例えば、教材を買うとか、学校長に提出するレポートを作成する、などといった際にもカテゴリーを使うととても役に立ちます。

まとめ

何か皆さんのアイデアの糧となりましたか?そうであったなら幸いです。この記事は私からのアイデアの一つにすぎません。他にも可能性は無限にあります。皆さんもぜひご自身の有益なやり方を他の方と共有してみてはいかがでしょうか。

教育活動にはNozbeは無料です

ご存知でしたか?2014年11月1日から、教員や校長先生の学校でのNozbeの使用は無料です。

私たちNozbeでは、誰もが頭を整理し、生産的で良い習慣を見につける必要があると考えています。だからこそ、まずNozbeを作り、つぎに改良を重ね、さらにどなたでも利用できるようになるべくたくさんのプラットフォームに対応してきました。(Web、Mac、Windows、Linux、Android、iPad、iPhone)

先生は次の世代への橋渡しです。先生は子供や若者を責任ある大人に育てる役目を担っています。次の世代が各々の人生で成功していくためには、生産性の本質をよく理解し、自己組織化できるようになりながら、実社会への準備をしていくことが大切だと私たちは考えています。

Nozbeの無料アカウントと 無料の生産性トレーニングコース を使い、校長先生、教職員、及び学校スタッフメンバーの方々が新しい世代の教育のために役立ててください。

2014年11月1日より、[生徒たちと一緒にプロジェクトを共有したい場合に、Nozbeは教職員の方々に無料となりました]。

Delfinaによって書かれた記事です (Nozbeサポート - CHO - Chief Happiness Officer)

Thursday, December 3, 2015

Nozbeの使い方 - 学生

Nozbeユーザーの職業やバックグラウンドは様々です: 学校の先生、学生、主婦、マネージャー、企業家、などなど。これまで、医者不動産会社、そして法律家の使い方をご紹介してきました。今回の記事は特に大学生に向けてのものです。

Students

バックグラウンド

私たちは誰でも、今現在学生であるか、もしくは昔学生でした。学生生活は面白く、辛く、そして困難なことにあふれています。勉強する分野によってもその割合は違ってきます。私が今思うことは、私が学生時代にNozbeがあったら良かったなということです。当時私は2つの専攻をしており、その上、学生委員会の役員や演劇クラブにも所属していました。ペンと紙、そして記録するのは自分の記憶が頼りの時代でした。

基本的な対象学年

私はここで学生とそのNozbeの使い方を学年によって区別したいと思います。この記事を見ている方の中には高校生もいるかもしれませんが、ここでは特に大学生を中心に考察していきたいと思います。

アプリの可能性

学生にとって授業、読書、レポートを書くこと、など全てをしっかりこなすのは、たとえ私が学生時代にやっていたような課外活動などに従事していなかったとしても大変難しいものです。

プロジェクトとラベル

仮に今私が学生時代に戻り、Nozbeを使うとするならば (実際に私は最近大学院に入学したのですが)、まず最初に最終的なゴールを設定することから始めます。ゴールというのはつまり、準学士号、学士号、または修士号です。

それらは私のプロジェクトのメインのラベル、もしくは分類分けとなります。プロジェクトの中には早くも1年次からスタートし、学位をもらうまで続くようなものもあります。

他のラベルは自分が学ぶエリアです。専攻、または学問科目です。例えば、私は経済学関連の科目には 'Econ' というラベルを付けています。ここで、「では、プロジェクトはいったい何でしょうか?」と聞きたくなる人もいるでしょう。

シンプルな答えは : 授業名です。

例えば、私の時間割には6つの授業があります: ポーランドの法制度の歴史、立法府の歴史、ローマ法の原理、経済学、法論理、そして法律英語です。これらは私のプロジェクトです。そして私はこれらをいい成績で納めたいと考えるのはお分かりでしょう。

カテゴリー

それぞれのプロジェクトにはもちろん多くのタイプのファイルやタスクを持ちます。私は積極的にカテゴリーを活用し、全てのプロジェクトにわたってグループ分けできるようにしています。例えば、いくつかの授業やセミナーのために本を購入したり、借りたりする必要がある場合には、私のカテゴリーは以下のようになります:

"ブックストア" および/または "図書館"。

同時に は複数のプロジェクト(= 授業) に加えられている私のタスクでもあります。こうすることで、ブックストアに行った際にはカテゴリーをクリックするだけで必要な書籍名や著書名を簡単に見ることができます。同じことが図書館へ行った際にも言えます。ただ、ここではタスクをある期間で再び現れるようにし、期限内に本の返却をすることを忘れないようにします。 シラバス は別の教材/タスクをグループ分けしたもので、授業ごとに必要事項や覚えておかなければならないことが載っているものです。今日ではオンラインで学生ポータルからシラバスをダウンロードできると思いますが、ひと昔前はわざわざ全てをスキャンしなければなりませんでした (カテゴリー: シラバス)。

3つ目のタスクはシンプルに 各授業・教室別に分けた教授の連絡先 にカテゴリーを付加します(カテゴリー: 場所)。

もっと大きなタスクのグループとなり、更新も頻繁なのが、宿題 です。教室を出る前にNozbeに直接宿題や課題を書き入れられたらいいですが、それを許してくれるかどうかは担当教授の裁量によるところが大きいですね。教授によってはタブレットやスマートフォンを教室に持ち込むのを禁止する人もいるからです(カテゴリー: 宿題)。

そして、最後のカテゴリーは研究です。実際には研究がいらない授業はないかと思います。ときには図書館へ行き本を探したり、文献やインターネットで広大な資料を読んだりすることでしょう。そんな時には Marcus Platt によるプラグイン がとても役に立ちます。

まとめ

ここまでご紹介してきた学生のためのNozbeの使い方はほんの基本的なものです。アイデアや思考のための栄養のようなものです。多くのやり方や可能性があります。皆さまの中にもきっととても効果的で効率的なやり方をしている人もいることでしょう。ぜひ他の方とその方法を共有してみてはいかがでしょうか。

Delfinaによって書かれた記事です (Nozbeサポート - CHO - Chief Happiness Officer)

Tuesday, December 1, 2015

AndroidのNozbeがより良くより速く

Android版のNozbe 2.5 はQuick Add notification (クイック追加通知) という新しい機能を搭載しました。これはデバイス上のどの画面からでも、Nozbeアプリを開くことなく素早くタスクを追加できるというものです。通知バーを表示し、"タスクをNozbeに追加する" 通知をタップし、タスク名を入力します。ハッシュタグを使ってプロジェクトやカテゴリー、または、誰かに委任する、などを付加することも可能です。これはとても大きな利点です。どうしてメリットとなるかはぜひこの記事をよくお読みになって理解を深めていただければと思います。この機能をオンにするには、設定 -> 通知設定ページへ行き、"Quick add (クイック追加)"をチェックします。

障害を少なくしていく

私たちNozbeではやるべきことはできるだけ速くなされるべきだという信条を持っています。それゆえ、スピードは生産性の中でも重要なカギの一つです。ダラダラと時間がかかる活動は苦痛であり、そのような苦痛を伴う仕事に携わる人は、決してその仕事を楽しめません。長期的な目で見ると、仕事から喜びを得られる人だけが生産的になりうるのです。私はjsomers.net という素晴らしいブログポスト が非常に的を得ていると思います。記事の中で著者は、「もし速く仕事をすれば、何か新しいことをするコストが低いように感じることができ、そしてさらにそれをもっとやりたくなる。」と言っています。同じ理論が私たちが毎日使っているツールにも適用できます。もしそれらのツールが快適に心地よく使えるものでなければ、仕事は疲弊するようなものとなり、集中も途切れ、すぐに仕事をする上で非常に重要な魔法とも言えるフロー状態を失ってしまうでしょう。

スピードがなぜ重要か

9月にNozbe 2.4 をリリースしてからすぐに、一見すると小さいようなパフォーマンスの改善 (特にスピードの改善が大きな点でした) でも、とても大きなインパクトをビジネスに与えるということに私たちは気づきました。最初の頃私たちは、そのような小さな改善のために時間を費やす価値はあるか、またその改善に気づく人はいるのか、疑問に思うこともありました。しかし、多くの方に改善に気づいていただき、そして成果も私たちの予想をはるかに上回るものでした。改善に関して気に入りました、とメールで報告いただかなくても統計によって皆さまに気に入っていただけたことが分かりました。Androidではその変化が顕著に見られました(特に最近の低価格の携帯端末において)。2.4のリリースではNozbeを携帯にインストールしたのち継続して使用されている人の数が、以前のバージョンに比べ、実に4倍にもなっていました。以前より4倍もの人がNozbeを使って毎日物事を成し遂げているのです。これは非常に驚くべきことです!他の特徴の変化ではこのことを達成しえなかったでしょう。ほとんどどのソフトウェア製品においても、スピードは最も重要な機能だと思います。そして私たちの経験もこれを裏付けています。

Android jetpack

ぜひ今からスタートしましょう

この新しい機能によって皆さまがNozbeを使ってさらに仕事をスピードアップさせ、Nozbeで仕事や物事を管理するのではなく、むしろ完了させていくことにフォーカスをさらに強めていただきたいと思っています。ぜひ、今すぐクイック追加を起動してみてください!最近Nozbeのパフォーマンスの改善点についてお気づきになりましたか?または、ラグや機能の遅さを感じましたか?Nozbeを使っての業務処理の中で、どの部分がもっと速くなって欲しいと感じますか?以下のコメント欄にぜひ皆さまのご意見をお聞かせください。

この記事はStan (Nozbe VP of Android テクノロジー) によって書かれました