f
ブログ

ニュース!TimepotがNozbeと連携しました

Nozbe

生産的な人々は時間が最も大切なものだということを理解しています。うまく組織する能力と効果的なスケジューリングは成功へのカギです。

Nozbeアンバサダーの「バケツプロジェクト」とカテゴリーの使い方

Nozbe

これはChad Garrettさんによるポストです - Nozbeのアンバサダーであり、GTDを強く支持しています。早速、彼がNozbeをいかに使い、そして「属していないタスク」をうまくまとめているかを見て行きましょう。

私はChad Garrettといいます。Productivity Grid, LLCの社長であり、また、Nozbeアンバサダーも務めています。Nozbeは本当に完璧な 生産性ツールです。私はDavid AllenのGetting Things Done (GTD) 理論を強く支持し、その用途にNozbeが非常にマッチしていると思います。では、私がどのようにNozbeを使っているかご紹介いたします。タスクがあるところから始めましょう。

バケツプロジェクト

Nozbeはプロジェクトから始まります(GTDの定義によると、完了するまでに2つのステップか、それ以上掛かる場合にはプロジェクトとなります)。私は現在75のプロジェクトを抱えています。この数は多いと思われるかもしれませんが、実際にはそんなことはありません - 誰でもこれ くらい忙しいのです!

ヘッダーを使ってNozbeで仕事をうまく計画しましょう - ブライアン・タルティさんのアイデア

Nozbe 私はヘッダーを使ってNozbeをカスタマイズして使っています。私の優先リストの中でヘッダーを付け1日や1週間の計画を練るのに役立てています。