f
ブログ

生産的な法律の専門家になるための7つのヒント

Nozbe

弁護士は自分がなぜ弁護士になったのかを疑問視したくなるくらい、多岐にわたる様々なタスクを日々抱えています。収入は確かに高いかもしれませんが、仕事はかなり大変です。多くの弁護士は、常に誰かの手を借りているような、数人で仕事をやっているような忙しさでやっと毎日を乗り越えています。もしあなたが、最良の弁護士であるためには生産性の助けが必要だと痛切に感じているならば、ここに仲間がたくさんいます。実際のところ、生産性にはミラクルは必要ありません - 少しだけやり方の構造を変えるということが大事です。

Nozbeの使い方 - 法律家

Nozbe

Nozbeは多くの方にお使いいただいております。いろいろな分野の専門家から、学校の先生、法律家、主婦、事業家、など様々です。これまで医療関係者のための使い方、および不動産会社での使い方の例をご紹介してきました。今回は弁護士など法律に携わる人にとっての使い方をご紹介します。

バックグラウンド

私は、様々な用途で異なる環境でNozbeを効果的にご利用いただけるようなアイデアを皆さまにお届けしたいと思っております。私は弁護士の家庭に育ち、そして現在ワルシャワにあるKozminski大学で法律を勉強しています。法曹の世界はハイレベルの規律が要求され、報酬は多いかもしれないですが、非常にストレスが多く競争も激しい世界だと思います。精神的な面、そして会社や組織内の規律がまずは最も重要だと思いますが、私は残念ながらそれらに関しては何もアドバイスができません。

法律の仕事

Nozbeの法律場面での使用方法は、所属しているグループによって異なります。検察官は判事や事務弁護士とは異なる仕事のやり方をしています。このように、広い様々な解釈があるということを前置きしておきます。私はいくつかのアイデアの要点をまとめることで、皆さんのアイデアを湧きおこし、そして実生活に役立てていただけたらと思っています。

以前の記事でもご紹介しましたが、ラベルとテンプレートの応用が今回もオススメです。皆さんが実際に就いている法曹の “部署” にもよりますが、決まったやり方に従わなければいけないことが多いかと思います。従うべき手順、記入するべき書類、または、入手すべき書類などです。

アプリの可能性

代理弁護士、事務弁護士、顧問弁護士… これらを同じグループとして語るのはとても広すぎてしまいますが、共通するものがあります。それは顧客を持っているということです。そこで、顧客がラベル/タグ、またはプロジェクトとなります。多くの場合はラベルがいいでしょう。事案が小さい場合には、ラベルを付けず、一つのプロジェクトだけにしてもいいと思います。