Nozbe11周年

ちょうど11年前の今日、ヨーロッパの中心に位置するといわれるポーランドどいう国の首都ワルシャワの賃貸アパートから、一人の野心的な若い起業家/プログラマーが、デイビッド・アレンの著書「Getting Things Done」に感銘を受け、生産性Web 2.0アプリをリリースしました。それは私のことですが、Nozbeをスタートさせたその当時、11年後にはメジャーなプラットフォームを網羅した、世界中で50万人以上に利用されている素晴らしいアプリを運営する会社を経営しているとは夢にも思いませんでした… ハッピーバースデーNozbe!11歳になりましたね。私はあなたの父親としてこの記事を書いています。私たちが来た道、そしてこれからの未来について読者の皆さまへ少しお話したいと思います。それではどうぞ:

11年 - 一体誰が想像したでしょうか?

当初は完全に自分のためだけに始めたNozbeでしたが、今では24人のコアチームと10人の契約社員を抱えるほどになりました - 30人以上の人が毎日Nozbeのために働いています。過去11年の間に13人が私たちのチームから”卒業していきました” - 彼らはここで3ヶ月以上働きましたが、他へ移っていきました。本当に素晴らしいチームでした!私は依然として、まだ始まったばかりだという気持ちを感じてます!

2007 - 2018 - 私たちの道のり

2005年当時、私はインターネットマーケティングのコンサルタントとして働いていましたが、そのときに身の回りや行動プランをまとめ、整理する必要がありました。そこで、私は週末を使ってプロジェクトを進め、Nozbeの初期バージョンともなるものを開発しました。そしてしばらくずっと自分のためだけに使っていましたが、2006年末になって、もう一度システムを書き直し、広く一般にも公開しようと決めました。そして2007年、Nozbeをリリースし、数ヵ月後には5000ユーザーを記録しましたが、それは依然として私にとってはサイドプロジェクトでした - Nozbeについては午後の空き時間にのみ取り組んでいるという状況でした。2008年になって、私はNozbeを私のフルタイムの仕事にしようと決め、最初の社員である若い学生のトムを雇いました。50%のパートタイムではありましたが。彼は今でも私たちの会社におり、CTOの役職についています。もちろんもう学生ではありません。

Early Nozbe

2010年には、NozbeのiPhoneとiPadアプリをリリースし、Nozbeのグローバル展開を強化していきました(それまでNozbeは英語のみでした。今では10の言語をフルサポートしています!)。Mac、Windows、及びAndroidのアプリの開発もスタートしました。2014年、”One Nozbe”を公開しました - 全てのプラットフォームでほとんど同じようなユーザーエクスペリエンスを提供するというものです。同時に、各オペレーションシステムとの連携の強化も推進していきました - ウィジェット、クイックアドのショートカット、Apple Watchアプリ、などなどです。2016年、Nozbe 3.0をリリースしました - アプリのデザインを一新し、さらに、新しい”Nozbe Business”プランも登場しました。

そして昨年末、料金表を見直しました… カスタマーの皆さんにも私たちと同じように生産的な成功をしていただきたいと考えています:

チームの生産性によりフォーカスした新しい料金プラン

Nozbeチームは当初の1人から、3人、10人、20人と増え、今では24人がコアチームとして働いています。プロジェクトをシェアしタスクを委任し合いながら、Nozbeという小さな会社を運営しています。私たちは社内のやり取りをメールで行うのを止めました。タスクを見れば全ての情報が分かるので、タスクを随時更新しながらコミュニケーションを取っています。私たちはこの働き方をとても気に入っており、推奨しています - それゆえ、”Nozbe Business”を導入しました - 様々なビジネスチームの生産性をNozbeを使うことで新しいレベルへと向上させるお手伝いをすることが主な目的です

現在では世界中の様々な産業で活躍するたくさんのカスタマーが、”タスクを通したコミュニケーションの主要な手段”としてNozbeを使っています- 熱心なNozbeユーザーの方々が活躍する産業や職業の例を以下、いくつかご紹介します:

  • 弁護士
  • 建設業
  • ケータリング、イベントプランニング、など様々な分野と規模のサービス業
  • 行政機関 (国レベルでも!)
  • 大小のショップ
  • 学校
  • コンサルタント
  • フリーランサー
  • などなど…

さらに、当初の標語: “Simply Get Everything Done (シンプルに物事を成し遂げましょう)“を徐々にシフトさせ、以下にしていきたいと思います:

シンプルに全てを成し遂げましょう… ご一緒に!

そこで、昨年末、料金プランを変更することでこのチームスピリットをさらに広めて行きたいと考えました。何度も見直し、何ヶ月もかかってやっと完成しました。こちらです:

新しいNozbe料金プラン - Solo、Duo、Small Business、Business

完全に一人で仕事に取り組みたいという人もいることは分かっています - いろいろなデバイスで生産性アプリを使ってクラウド同期やバックアップを利用できます - そのため、“Solo”プランを設けています。

しかし、多くの場合、一人だけで仕事をするのではないと思います。誰かと一緒に仕事をすることでしょう。パートナー、配偶者、共同創設者… それらの人といちいちメールのやり取りはしたくないはずです - コミュニケーションをもっとハイレベルで… “Duo”プランに登録すると、プロジェクトをシェアしたり、タスクを委任したり、コメントでコミュニケーションしたり簡単にスタートできます。メールよりもはるかに優れています!

チームが大きくなっていくと、生産性システムにもっと仲間が必要になると思います。そんなときに“Small Business”プランが適しています - チームの人数の目安は4人、6人、または8人までです。これらのプランはとても魅力的な料金体系となっています。小さなチームがメールでのコミュニケーションを止め、タスクとプロジェクトを通して協働できるようにフォーカスできます。

より効率的を目指す会社やチームは “Business”プランをご利用ください。このプランは10人、15人、20人、30人、50人、または、100人… と人数には制限がありません。このプランには、さらに、チームへNozbeを導入するお手伝いをしたり、 補足的なライブビデオトレーニングなどを提供しながら、チームの効率や生産性を最大化できるようサポートする、アカウントアシスタントを提供いたします。

New pricing

私たちは、他のチームや会社もNozbeの生産性システムを使って成功を収めていただきたいと思っています。そのために、できる限り効率的で便利なシステムとなるよう私たちは努力いたします。

また、ラインナップのトップである”制限なし”プランを一定額で導入したのは、ある意味で大企業を抱えることが私たちのゴールではないことを示しています。もちろん、大企業にお使いいただけることは素晴らしいことです(そして、もちろん大企業の顧客はいらっしゃいます)。しかし、一つのカスタマーが偏った膨大な料金を払い、その結果、私たちのビジネスと製品に影響を及ぼすことを私たちは望んでいません。そのため、例えば、もし必要とする機能を私たちが提供していないからといって、そのような顧客が利用を止めると言った場合には、私たちはその顧客を失ってしまうことになりますが、このプランの体系のため、それが大きく私たちの収益に影響を及ぼすことはありません。さらに、一人の顧客を優先した結果、他の顧客をおろそかにしてしまうといったこともありません。

私たちは私たちの価値を大切にしています

ブログでも私たちのバリューをお伝えしてきましたが、今回のお祝い記事に際して、いくつかをもう一度繰り返しご紹介したいと思います :

タスクを通してコミュニケーションを - コラボレーションにメールはもういりません!

私たちはタスクを通してコミュニケーションを取っており、さきほどご紹介した新しいプランも、このような働き方を他の会社でも採用していただきたいという思いを反映しています。私はコラボレーションにメールを使っているチームを見ると、少しうんざりしてしまいます。こんな気持ちになってしまいます: 何でそんなことをしているんだろう!?今は2018年です!メールより優れているツールがたくさんあるのに!.. などなど… 私は本当に我慢できなくなります。もっといい方法があるからです。

Nozbeのようなツールを使えば、プロジェクトをシェアし、タスクを委任し、タスクのコメントで簡単に、分かりやすくコミュニケーションできるのです… そして、今誰が担当しているか、進捗状況はどうか、何が滞っているのか、誰が最新のアップデートを知っているか… などなどが簡単に把握できます。メールの履歴やアーカイブをわざわざ調べる必要は全くないのです!

Nozbeは完全に自分たちで成長して行ける、さらに言えば - カスタマーのおかげで成長して行ける会社です

Nozbeには外部の投資家はいませんし、これまでも投資家に頼ったり、これからもそのような予定はありません。Nozbeに投資したいというオファーをいただいたこともありますが、つまるところは、Nozbeは投資家には向かないのです。彼らの興味は成長だけです… しかし、私たちの興味はカスタマーであり、カスタマーにいかにベストの製品をお届けできるかということにあります。もちろん、成長もとても大事なことです.. しかし、是が非でもというわけではありません。むしろ、成長はゆっくりでもいいからより良く働ける環境を求めます… その上に少し利益があればいいのです。もしあなたが投資家であり、何かいいテクノロジーカンパニーを探しているのであれば、私たちはあなたの仕事に感謝はいたしますが、一緒には働けません… もちろんあなたがNozbeの有料会員であり、Nozbeについてのフィードバックを送ってくれるのであれば、喜んでお聞きいたします。私たちは、カスタマーからのフィードバックを大切にしています!

それはカスタマーが私たちの本当の投資家だからです - 彼らはNozbeに料金を払うことで投資してくれています。そしてNozbeアプリを使って時間と(お金も!) 節約することにつながっています。こうして、”カスタマーバリューを最大化すること” で、”株主の価値を最大化” しているのです。毎日世界中で50万人もの人が私たちのツールを使って日々をやり取りしているのを、謙虚な気持ちで受け止めています。

私たちはまた、売却が目的ではありません。過去11年の間にはいくつかのオファーがありましたが、私たちは自由に仕事ができることが好きで、それが大切だと考えています。創設者でありオーナーとして私も自由に会社を運営できることが何よりも重要だと考えています。そして、自由ということはとても素晴らしいことです。何に取り組むか、どのように時間を過ごすか、誰と仕事をするか(チーム)、そして誰のために(カスタマー) 仕事をするのか、を私たちは自ら選択することができるのです。私はこれらを含めた5ラブのライフについて 私のパーソナルなブログの中の記事で紹介しています

“ノーオフィス”- 仕事は行くための場所ではなく、何をするかです!

2008年、私が最初の社員であるトムを雇ったとき、彼は実に200km離れたところに住んでいました… しかし彼は私の知る限り最高のプログラマーでした… 私は、ただ近くに住んでいないからという理由で、彼を採らず他の人にしたくはありませんでした。その当時私にはオフィスはありませんでした… そして11年経った今でもオフィスを持ちません。私が持っているのは小さな家庭のオフィスです。それで十分です。Nozbeでは社員は皆それぞれ在宅で仕事をしています。

Nozbeではオフィスがありません。よく、”もっと会社が大きく成長したら”オフィスを持てるようになるよと言われますが… しかし、社員はポーランド国内に点在しているだけでなく、他の国に住んでいる人もいます… オフィスの場所として果たしてどこがいいのでしょうか?そのため、”Nozbe再結集”の機会を設け(1年に2回集まっています)、普段はそれぞれの家から… またはカフェから… または好きな場所どこからでも仕事ができるようにしています。

Nozbeはこのようなスタイルを取っているため、オフィスを採用している会社へ疑問を提示する際の良い例となっています。他のツールと同じくオフィスも仕事をするためのツールのうちの一つに過ぎず、オフィスを持つことは会社の成功に必要不可欠のものだというわけではない、ということを他の会社へ示し続けている先駆者的存在でもあります。

さらに、私はそのことに関しての本「No Office」を現在書いています… 乞うご期待ください!

Nozbeの未来は?これから私たちはどこへ向かいますか?

近い将来、Nozbeのバージョン3.7をリリースする予定です。コメントの”@“メッセージ 、ダークモード(iPhone Xだととてもかっこいい!)などなど、たくさんの改良を加えました。

また、長期的な視野では、私たちはNozbeの次の10年間の土台ともなるものを作ろうとしています。これまでのところはうまく行っていますが、まだまだたくさんの仕事が残っています。

さらに、今年も収入と利益を増やして行きたいと考えています… チームも同様に成長していきたいと考えていますので、ご期待ください - 2018年はいつもの年以上に、Nozbeにとって重要な年になるように - 私も同様にたくさん楽しみ、たくさん学びたいと思います… そして何より、リーダー、チームプレーヤー、及び、一生産性を学ぶ学生として成長していけたらと思います。

素晴らしい2018年へ向けて、もう一度、素晴らしいNozbeユーザーの皆さまへ感謝の気持ちをお伝えいたします。これまでの11年間、誠にありがとうございました!今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

Michael
NozbeのCEO兼創設者です。毎週のポッドキャストメーカです。Nozbeブログにもよく書きます。その上、生産性の本を出版することによって現在の事務員が仕事を成し遂げることを支援します。