f
アーカイブ

Nozbe3ヶ月分のボーナスで目標達成を加速させましょう

Nozbe

春のエネルギーを利用して、気力を充実させ、集中力を高め、仕事を前進させましょう。スペシャルプロモーションでモチベーションを高めてください!

NozbeアカウントをNozbe Solo、Duo、Small Business、または、Businessアカウントへ1年分アップグレードいただくと、追加でさらに3ヶ月分のNozbeをゲットできます。

私がNozbeを使い続ける18+1の理由

Nozbe

大事なことに最優先に取り組みましょう。私はNozbeにかなり偏っています。この記事では、私のNozbeへのこだわりについてお話いたします。私にとってNozbeはタスクマネージャー以上のものです。私の人生の様々な分野において私を導いてくれる生涯のシステムです。

AIとボットによるプロジェクトマネジメントの変革

Nozbe

人工知能やボットがもうすぐプロジェクトマネジメントの世界に革命を起こすということを信じることができますか?もう今すぐにでも、私たちは人間の手を介さずとも、日常のマネージメント業務やアドミニストレーションの業務を実行するシステムにアクセスできるようになります。あなたは恐ろしいと感じますか?それともワクワクしますか?AIがいかに私たちの仕事の仕方に変化を及ぼすか、以下をお読みください。

Nozbe再結集 - マズリア (Mazury)(2019年4月8日-12日) - カスタマーサポートのスローダウン

Nozbe

Nozbeチームでは、6ヶ月ごとにメンバー皆が会合し、顔を合わせています。今回はポーランドのヴァルミア=マズールィ県にある絵のような美しいStare Jablonki村で会合は行われます。その期間中、カスタマーサポートの対応が少し遅れます。会合ではNozbeの今後の事業計画などについて取り組み、意思決定を図ります。

Nozbe 4 のお知らせ - チームの生産性の未来

Nozbe

本日4月4日、私たちはNozbe 4の試写版をリリースします。チームの生産性を新しいレベルへ。小さなチームが大きなことを成し遂げるサポートをするツールです。

開発に3年の月日を費やし、数ヶ月の社内でのテスト期間を経て、そしてこの度、いくつかのチームに新しいNozbe 4をテストしていただきたいと考えています。Nozbeのこれからについてぜひ以下をお読みください:

Nozbeをコンテンツカレンダーとして活用する私のやり方

Nozbe

コンテンツ制作に携わっている人は、たいてい何らかの形でコンテンツカレンダー (編集カレンダー) を使っていることと思います。コンテンツカレンダーとは、簡単に言うと、記事公開までのプロセスをコントロールし、コンテンツがきちんと予定通りに表示されるようにする見張り役として機能します。

このポストでは以下を紹介します:

  • Nozbeを使ってブログポストを事前に計画する方法
  • Nozbeのカテゴリーを活用して公開プロセス (ブログポストの状況) を追跡する方法
  • 公開までのスケジュールの立て方
  • 執筆を優先させる方法
  • Nozbeの隠れた機能を使ってプロになる方法

Nozbeの中心にあるのはあなたのプロジェクトです。そして、そこからコンテンツカレンダーの作成が始まります…

データアクセス - FAQシリーズパート18

Nozbe

FAQシリーズへようこそ。ここではユーザーの皆さまからメールやメッセージで寄せられたよくある質問にお答えしています。今月のテーマは、Nozbeでのアドミンとチームメンバーのアクセス権限についてです。

ユーザーをプロジェクトアドミンに設定したり、チームに加えたりすることによる利点をご紹介しようと思います。

チーム生産性の基本的なガイド

Nozbe

パーソナルのプロジェクト管理のツールのみならずチームコラボレーションのツールとしてもNozbeを利用し始めるなら、お読みください。

手順書を書く時に覚えておくべき8つのヒント

Nozbe

良い手順書があれば、あなたもあなたのチームも秩序を持って、標準化された方法で目標を達成することができます。では、良い手順はどのようにして作成すればいいのでしょうか。以下、お読みください。

生産的な法律の専門家になるための7つのヒント

Nozbe

弁護士は自分がなぜ弁護士になったのかを疑問視したくなるくらい、多岐にわたる様々なタスクを日々抱えています。収入は確かに高いかもしれませんが、仕事はかなり大変です。多くの弁護士は、常に誰かの手を借りているような、数人で仕事をやっているような忙しさでやっと毎日を乗り越えています。もしあなたが、最良の弁護士であるためには生産性の助けが必要だと痛切に感じているならば、ここに仲間がたくさんいます。実際のところ、生産性にはミラクルは必要ありません - 少しだけやり方の構造を変えるということが大事です。